ホーム  >  青森の不動産売却・買取・査定のコラム  >  2021年07月

「2021年07月」の記事一覧(4件)

【不動産売却コラム】家を売る際に必要になる書類
カテゴリ:上手な売却方法  / 投稿日付:2021/07/27 09:12

青森市での上手な不動産売却情報、7回目といたしまして、今回は【家を売るときに必要になる書類】について説明していこうと思います。


不動産会社へ売却を依頼する際に用意しておきたい書類は、登記関係のものや買った際の売買契約書などたくさんあります。

家にまつわる書類は買主へ物件の情報を伝えるためにも必要です。速やかに売却手続きを進めるためにも、一つ一つチェックをして確実に準備しましょう。

不動産売却のとき、売主はさまざまな必要書類を準備する必要があります。売買する物件の詳細事項、権利関係、税金関係、告知事項など、買主に数多くの情報を伝える必要があるからです。書類は、不動産会社に売却を依頼するとき、あるいは、買主に引き渡しをするときに必要ですが、直前になって慌てて必要書類を探したり、取り寄せたりしていては、円滑に不動産売却の手続きができなくなってしまいます。できれば、不動産売却を決意したらすぐにでも必要書類を集める準備に取りかかりたいものです。

では、

  1. 1.不動産会社への売却の際に必要な書類
  2. 2.買主に引き渡しをする際に必要な書類

1.不動産会社への売却の際に必要な書類

不動産売却の際、準備しなければならない必要書類を見ていきましょう。

登記簿謄本、もしくは、登記事項証明書

登記簿謄本は登記簿の写しのことで、不動産の登記事項が詳細に記載された内容を証明するものです。登記事項証明書は、登記事務をコンピュータ処理している登記所から発行されるものですが、最近では証明書が発行される場合が多いとのこと。証明内容はどちらも同じです。これは、法務局で申請して取得します。

売買契約書

物件を購入するときに、以前の持ち主とのあいだで交わしたものです。契約日、引き渡し日、売買代金、手付金の金額、物件の状況や付帯する特約についての記載があります。

物件を購入したときの重要事項説明書

これには物件の内容、取引条件、告知事項など、売買契約に必要な情報が記載されています。

登記済権利書、もしくは、登記識別情報

これは、登記名義人がその物件の真の所有者であることを証明するものです。法務局が登記名義人に対して交付します。2005年(平成17年)3月に不動産登記法が改正され、インターネットでの登記申請ができるようになったことで、改正後は登記済権利書の代わりに登記識別情報が書面申請、もしくはオンライン申請で通知されるようになっています。

土地測量図・境界確認書

一戸建てや土地の売買に必要な書類です。土地の面積や境界線の位置などが記載されています。特に、境界線は明確になっていないと、後々隣接地の所有者とのトラブルになり兼ねません。もし境界線が未確認の場合は、隣接地の所有者と話し合い、了解を取ってから測量図を作成しておきましょう。

固定資産税納税通知書、および、固定資産税評価証明書

これは、固定資産税の確認や、移転登記の際の登録免許税の算出に必要です。固定資産税は1月1日時点での所有者に課税されますが、売買が行われたときは、取得する時期によって調整が行われて、売主に一部が返金されます。

物件の図面、設備の仕様書

これにより、間取りや設備の状況を確認することができます。

建築確認済証、および、検査済証

これは一戸建ての売買の際に必要となります。その物件が、建築基準法で定められた基準で建築されたものであるかを証明するものです。また、現地で実施された検査に適合した物件であることの証明にもなります。

建築設計図書、工事記録書

その物件はどのように設計されているか、また、どのような工事が行われたかを確認することができます。設計や工事についての情報は、いずれリフォームをするときに役立つ情報源となります。

マンションの管理規約、使用細則、維持費関連書類

マンションの売却に必要な書類です。どのような管理規約になっているか、ペットの飼育は可能なのかなど、生活する上で必要な情報を得ることができます。また、管理費、修繕積立金など、買主が入居後に負担する費用の確認にもなります。

耐震診断報告書、アスベスト使用調査報告書

新耐震基準が導入される前の中古物件を売買する際、耐震診断を受けている場合は報告書を提示します。アスベストに関する調査を受けている場合も同様に提示しましょう。

これらの必要書類は、査定依頼する前にすべてそろえる必要はありません。
実際に査定依頼を申し込むときに不動産会社の担当者から必要な書類に関する説明があるので、それまでに準備をすれば大丈夫です。

複数の不動産会社に申し込むことで、価格や企業を比較し、最適な不動産会社を手間なく探すことができます。

2.買主に引き渡しをする際に必要な書類

買主が見つかり売買契約を結んだ際、引き渡しのときに売主が準備する必要書類は、以下の通りです。

本人確認書類(※)

売主の本人確認のために必要です。運転免許証など。

実印・印鑑証明書(※)

印鑑証明書は、発行から3カ月以内のものを用意します。

(※)のついている書類は、本人確認のために重要なものです。物件の所有者が複数いる場合は、全員の書類を揃える必要があります。遠方に住む所有者の本人確認書類が揃わなくて引き渡しに支障をきたすこともありますので、早めに準備をしておくことが望ましいです。

住民票

売主の現住所と登記上の住所が違う場合に準備します。発行から3カ月以内のものが有効です。

銀行口座の通帳(銀行振り込み先情報)

売却代金のやりとりは大金が動くので、たいていの場合は銀行振り込みになることが多いです。そのため、売主の口座情報を買主に伝えておきます。

ローン残高証明書、あるいは、ローン返済予定表

住宅ローンの残債がある場合、残債の総額を知らせるために必要です。これは、ローンを返済中の方が対象になります。

物件のパンフレットなど

購入時に入手したパンフレットなどがあれば、買主に渡すとよいでしょう。有効な物件情報になります。

不動産売却時に必要な書類の一覧

必要な書類を物件の種別毎にまとめたのが、下記の一覧表です。
(「○」必要な書類。「△」任意、または該当する場合に用意する書類。用意できると良い書類も含みます。)

▼不動産会社に売却を依頼するときに必要な書類
書類マンション一戸建て土地
登記簿謄本または登記事項証明書
売買契約書
物件購入時の重要事項説明書
登記済権利書または登記識別情報
土地測量図・境界確認書 
固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書
物件の図面 
設備の仕様書 
建築確認済証および検査済証  
建築設計図書・工事記録書 
マンションの管理規約または使用細則  
マンション維持費関連書類  
耐震診断報告書 
アスベスト使用調査報告書 
▼買主に引き渡しをするときの必要書類
書類マンション一戸建て土地
本人確認書類
実印
印鑑証明書
住民票
銀行口座の通帳(銀行振り込み先情報)
ローン残高証明書またはローン返済予定表
物件のパンフレット

以上が、不動産売却の際に準備しておきたい必要書類です。売却を決めたら、早めに準備しておくようにしましょう。

次回は【マンション、戸建の注意ポイント】についてお話していこうと思います。

【不動産売却コラム】家を売るときに必要になる費用
カテゴリ:上手な売却方法  / 投稿日付:2021/07/19 17:02

青森市での上手な不動産売却情報、六回目といたしまして、今回は【家を売るときに必要になる費用】について説明していこうと思います。

家を売るとなれば、準備しなければならないお金があります。諸費用、税金がどれくらい必要となるかチェックしておきましょう。


1:家を売る為の諸費用

家を売るときには諸費用が必要です。売った金額がそのまま手取り額になるのではなく、それとは別に仲介手数料、住宅ローンや登記の手続費用、各種税金、引っ越し代等を用意しておかなければなりません。
後々になって慌てることがないよう、前もって必要な金額を計算しておきましょう。

買った時より家が高く売れた場合、税金が発生します。
逆を言うと、買った時よりも安く売れてしまった場合には、税金は発生しません。 算出する方法は、譲渡所得を計算し、所有年数を確認してから所得税や住民税を計算します。
規定の要件に当てはまれば、軽減措置もあります。詳細は、担当の不動産会社が教えてくれますが、自身でも把握しておきたい場合は、下記のページを参考にしてください。

不動産を売却して、利益が出た場合、確定申告をする必要が出てきます
要件を満たせば、確定申告により所得税が安くなる3,000万円特別控除の特例などもあります。
お得な特例については不動産会社がアドバイスをしてくれます。こういった、お得な節税方法を丁寧に説明してくれる会社を選びたいですね。
センチュリー21アクトなら、専門のスタッフが親身に相談に乗ります。
お待ちしております

不動産を売却したら、どんなときに確定申告が必要?


次回は【家を売る際に必要な書類】についてお話していこうと思います。

【不動産売却コラム】家が売れるまでの期間
カテゴリ:上手な売却方法  / 投稿日付:2021/07/13 14:42

青森市での上手な不動産売却情報、五回目と回目といたしまして、今回は【家が売れるまでの期間】について説明していこうと思います。


家の売却には、通常2~6ヶ月間必要です。

不動産会社を選び、媒介契約をするまでに1~3週間。

家の売り出しを開始して、買いたいという人が現れるるまで1~3ヶ月。 売り出してすぐ購入希望者が見つかる場合もありますし、逆に数ヶ月経ってもなかなか見つからない場合もあります。

買い手と売買の契約を結ぶまでに1~2週間。 売買契約を結ぶまでに、価格や条件などのの交渉が行われます。

売買契約後、決済までに1ヶ月程。 買い手側のローンの申込み、審査などにかかる期間がだいたい1ヶ月程です。

引き渡しに、数日~数週間要します。

このように、「家を売ろう」と思ってから家を買ってもらうまでには、結構な時間がかかります。 最初から6ヶ月くらいかかると想定して行動を始めると、余裕を持って売買を進められると思います。


センチュリー21アクトにご相談いただければ、不動産売却のスペシャリストが、円滑に売却を進めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

次回は【家を売るときに必要になる費用】についてお話していこうと思います。

【不動産売却コラム】不動産会社の選び方
カテゴリ:上手な売却方法  / 投稿日付:2021/07/05 16:59

青森市での上手な不動産売却情報、四回目といたしまして、今回は【不動産会社の選び方】について説明していこうと思います。



売却するならば、販売について信頼と実績のある不動産会社を選びたいというのが本音だと思います。その為にチェックすべき点を覚えておいて損はありません。

1:不動産会社の得意分野を見極める。

不動産会社は多くありますが、賃貸メイン、売買メインと取扱う物件が分かれています。
戸建てが得意、マンションの売り買いがメインといった細かい違いもあります。売ろうとしている物件を得意とする会社に仲介を依頼するほうが、買っていただける早さも金額も、満足のいくものになるかと思われます。

複数の会社の例を聞いてみると、違いが分かりますので、それらを比較することで、その会社の得意な分野を見極ることが出来ます。

2:複数の会社へ相談し、傾向を把握する。

そうすると、何社ぐらいに相談すれば良いのか考えるかと思います。できれば複数の会社に査定を依頼するところから始めるのが良いでしょう。

複数の会社に相談、査定依頼をする際は不動産一括査定サイト等が便利です。また、センチュリー21のサイトでもお問合せが出来ます。

相談、査定を依頼して会社ごとの傾向がつかめたら、その中から媒介契約を結ぶ会社を何件かに絞り込みます。ただし、数が多すぎると混乱するので、3社くらいが煩わしくなく、スムーズに比較出来ると思われます。

3:不動産会社を決める

スムーズに売却を進めるためには大手の不動産会社がいいか、地元の不動産会社のほうがいいか悩みどころだと思います。
大手は取引実績が豊富で、安心感があります。地元の不動産会社の場合は、地域に精通しており、大手では入手できない地域情報でスムーズに売却してくれたりする強みがあります。
しかし、最も重要なのは、その不動産会社をあなたが信頼して任せられるかどうかです。
下のチェックポイントを参考に、信頼できる不動産会社を選んでみましょう。

3つのチェックポイント
  • 売却するあなたの事情を親身に聞いてくれるか?
  • 売却査定額は、相場に比べて高すぎることはないか?あなたの売却希望額を考えて、適切にアドバイスをくれるか?
  • 売りたい物件の地域の売却実績が豊富にあるか?

4:遠方にある物件を売りたい場合には

離れている実家などを売りたいときは、実家の近くの不動産会社の方がその土地の地域情報に精通しているので、任せた方が安心です。
インターネットで申し込める不動産一括査定サイトを使えば、遠方に行かずとも複数の企業に査定依頼が可能です。

メールや写真のやり取りで現地に赴かずに売ることもできるので、どのような時にどんな手段でやり取りするのか事前に確認しておくと安心です。


次回は【家が売れるまでの期間】についてお話していこうと思います。

ページの上部へ